稼働の信頼担保 模擬負荷試験の提案 全国規模の信頼性 小型模擬負荷試験機 総合点検項目「負荷運転」 安心の価格設定 安心の保険・実績
ホーム >模擬負荷試験の提案

消防法や建築基準法による模擬負荷試験の提案

今や、設置基準に関わる建物には全て非常用発電機は設置されております。しかし、どれ程、法律改正や技術、設備が充実しても、災害は何時起きるかわかりません。この様な待ったなしの状況に対して、私達は設備の改良と共にメンテナンス技術も進化発展させなければならないのです。

発電機をメンテナンスする為のサードパーティーが、実負荷運転試験と同等の試験を行うことができる試験装置を開発してきました。

小型模擬負荷試験機の登場

まず、その試験装置を非常用発電機に接続して発電機を始動させます。そして、その試験装置が発電機にゆっくりと負荷をかけていくことで、実際に非常用発電機が正常に稼働するのか、そして、どれくらいの信頼性があるのかを測定することができるようになりました。この装置を「模擬負荷試験機」と申します。

そして、測定の際に、模擬負荷試験機が、ゆっくりと発電機に負荷をかけていく為、発電機自体の故障も防ぐ事ができます。この様に模擬負荷試験機を利用すれば、実負荷運転試験の全館停電という問題を克服して、非常用発電機の信頼性と安全性をほぼ100%担保することが可能となりました。

オーナー様、管理者様にはこの機会に是非とも当法人の提案する「模擬負荷運転試験」により非常用発電機の保守保全にご協力頂きますようお願い申し上げます。

稼働の
信頼担保
模擬負荷
試験の提案
全国規模の
信頼性
小型模擬負荷
試験装置
総合点検項目
「負荷運転」
安心の
価格設定
安心の
保険・実績
ホーム 会社案内 お問い合わせ

株式会社キムラ 発電機点検チーム
札幌市東区北6条東2丁目3番1号
道内営業所:旭川 釧路 帯広 函館