稼働の信頼担保 模擬負荷試験の提案 全国規模の信頼性 小型模擬負荷試験機 総合点検項目「負荷運転」 安心の価格設定 安心の保険・実績
ホーム >稼働の信頼担保

非常用発電機〜稼働試験と負荷試験の違い

消防法の定期点検を通して、いざという時に非常用発電機が十分に稼働するという信頼性と安全性を担保できるお手伝いをします。しかし、全てではございませんが、この定期点検には少し問題があります。その点検方法に十分な信頼が得られないかもしれないという不安があります。それが稼働試験と負荷試験の違いでご説明致します。

車の定期点検で申しますと、車のエンジンを始動しただけで、点検を終了するということです。車を実際に走らせることで、正常に動き、止まることが可能か確認できるのですが、非常用発電機では始動だけの点検で済まされています。これが稼働試験です。

非常用発電機は、そこで作られた電気が必要な消防用設備(スプリンクラー、非常灯など)に供給されて、その設備が十分に稼働することが一番求められています。ですから実際に消防用設備を動かす為の力が本当にあるのかどうかは実際に負荷をかけてみなければわかりません。

災害時と同じ様な状況、非常用発電機に切り替えて、非常灯などを作動させてみなければならないのです。このような実際の災害時を想定した試験点検を「実負荷運転試験」と申します。

実負荷運転試験と模擬負荷試験

ところが、実負荷運転試験には非常に高いハードルがあります。例えば、多くのテナントが入居している商業ビルの場合、電源を落とすということがどれほど困難なことかは言うまでもありません。ほぼ不可能に近い状態なので、必要な試験と分かっていても、実負荷試験を行うことはできません。

これは、当法人が今までのビルメンテナンス会社を批判しているものでは全くありません。現実的に困難であるということを伝えているだけです。

しかし、現実に頻発する災害状況を鑑み、行政からは発電機に対して負荷運転試験を行う様に指導がなされております。でなければ、非常用発電機の稼働の信頼性は担保できにくくなっているからです。

実負荷運転試験の
高いハードル
■ 全館停止
■ 営業停止
■ 診療停止
■ 夜間実施の場合は騒音対策
稼働の
信頼担保
模擬負荷
試験の提案
全国規模の
信頼性
小型模擬負荷
試験装置
総合点検項目
「負荷運転」
安心の
価格設定
安心の
保険・実績
ホーム 会社案内 お問い合わせ

株式会社キムラ 発電機点検チーム
札幌市東区北6条東2丁目3番1号
道内営業所:旭川 釧路 帯広 函館